第46回 様々な顔を持つビジネスセンター「横浜ビジネスパーク」

横浜駅を始発とする相鉄線の天王町駅と星川駅の間に、11棟のビル郡からなる横浜ビジネスパークが現れます。
1980(昭和55)年、野村不動産が、4万坪もの旧日本硝子の工場跡地を取得しました。
当時の社会情勢の流れから、住居地域よりも脱都心の業務拠点(バックオフィス)
として再開発され、1990(平成2)年、ビジネスセンターとしての稼動を開始しました。
ビルの設立だけでなく、公共用地の確保、道路・公園などのインフラ整備や、レストラン・フィットネスクラブなどの共用施設も充実されました。
展示会やフリーマーケットなど、地域住民との共存も大切にしています。
中央部にはイタリアの建築家・デザイナーであるマリオ・ベリーニ氏の設計による「ベリーニの丘」と名づけられた公園があり、「水のホール」を中心とした円形の空間は独特の雰囲気を醸し出します。音楽PVや、ドラマ・映画のロケ地としても有名です。
その他にも庭園やビルのエントランスなどには、国内外のアーティストの彫刻・オブジェ・絵画などの現代アートが並び、オフィス勤務者以外にも来訪者を楽しませてくれます。

取材場所詳細

場所:横浜ビジネスパーク 
住所:横浜市保土ケ谷区神戸町134  ★地図
バナー:オフショット 最新のオフショット
最新情報
2015.10.14 NEW
ぶらり横浜観光 第133回 大正活映撮影所跡を公開致しました。
2015.8.24
ぶらり横浜観光 第132回 神奈川公園を公開致しました。

ぶらり横浜第50回から、写真をアップで見れるようになりました!画像をクリックすると拡大画像が表示されます。閉じるときは再びクリックでOKです。

横浜はじめて物語モバイル版
横濱はじめて物語のモバイルサイトです。今後様々なコンテンツも追加予定です。
ご観光の際に役立てていただければと思います。

横浜プロバイダー「Hamakko」
横浜観光スポット、はじめて物語を横浜・濱っ子がご紹介!
「ぶらり横浜観光」
商用音源のダウンロードについて
著作権と商用音源の関係