第48回 中国の風水の思想が込められた門 「横浜中華街の牌楼」

横浜ならではのエキゾチックな一角である横浜中華街。
このエリアを囲むように10基の門(牌楼・パイロウ)が建っています。これらの門はすべて中国の風水の思想が込められており、それぞれに役割りを持っています。

中華街のメインストリート、中華街大通りの入り口にそびえる朱と金を基調とした「善隣門」は牌楼のシンボル的存在と言えます。
善隣門には「親仁善隣」と書かれており、隣国や隣家と仲良くするという意味があります。
この善隣門を囲むように、風水の方位学に基づいて東・南・西・北に牌楼が建てられ ています。
これらは守護神としての役割を持ち、陰陽五行に基づいたという色に彩られています。
・東→「朝陽門」(チョウヨウモン) 守護神は青竜神(青) 日の出を迎え、繁栄 を願う。
・南→「朱雀門」(スザクモン) 守護神は朱雀神(赤) 厄災をはらい、福を招く。
・西→「延平門」(エンペイモン) 守護神は白虎神(白) 平和が末永く続くことを 願う。
・北→「玄武門」(ゲンブモン) 守護神は玄武神(黒) 子孫繁栄の願い。
その他にも西陽門・天長門・地久門・市場通り門などがあり、多くの人が訪れるこの街の
平和や友好、繁盛を日々見守っています。

取材場所詳細

場所:横浜中華街の牌楼 
住所:横浜市中区山下町  ★地図
バナー:オフショット 最新のオフショット
最新情報
2015.10.14 NEW
ぶらり横浜観光 第133回 大正活映撮影所跡を公開致しました。
2015.8.24
ぶらり横浜観光 第132回 神奈川公園を公開致しました。

ぶらり横浜第50回から、写真をアップで見れるようになりました!画像をクリックすると拡大画像が表示されます。閉じるときは再びクリックでOKです。

横浜はじめて物語モバイル版
横濱はじめて物語のモバイルサイトです。今後様々なコンテンツも追加予定です。
ご観光の際に役立てていただければと思います。

横浜プロバイダー「Hamakko」
横浜観光スポット、はじめて物語を横浜・濱っ子がご紹介!
「ぶらり横浜観光」
商用音源のダウンロードについて
著作権と商用音源の関係