第67回 保土ヶ谷宿本陣(軽部家)跡

保土ヶ谷区は江戸時代、東海道五十三次の宿場町として、多くの人々が往来し
ていました。
本陣とは、旅中の公家・大名や武将など身分の高い者が宿泊できる施設をいいます。
旅館とは違い、問屋や名主などその地域の有力者の家が使われたので、
一般の旅人は宿泊できませんでした。
保土ヶ谷宿本陣は、小田原北条氏の家臣、苅部豊前守康則の子孫である苅部家が代々務めました。


また、大名や役人などの宿泊が重なって、本陣だけでは泊りきれなくなった場合に予備に当てた宿舎を脇本陣といいます。
保土ヶ谷宿には藤屋、水屋、大金子屋の3軒の脇本陣がありました。

苅部家11代目の1870(明治3)年に本陣という制度は廃止となり、軽部姓に改めましたが、現在も門や土蔵など当時の佇まいを残しつつ、実際に居住されています。

取材場所詳細

場   所:保土ヶ谷宿本陣(軽部家)跡
住   所:横浜市保土ヶ谷区保土ヶ谷1-68 ★ 地図

バナー:オフショット 最新のオフショット
最新情報
2015.10.14 NEW
ぶらり横浜観光 第133回 大正活映撮影所跡を公開致しました。
2015.8.24
ぶらり横浜観光 第132回 神奈川公園を公開致しました。

ぶらり横浜第50回から、写真をアップで見れるようになりました!画像をクリックすると拡大画像が表示されます。閉じるときは再びクリックでOKです。

横浜はじめて物語モバイル版
横濱はじめて物語のモバイルサイトです。今後様々なコンテンツも追加予定です。
ご観光の際に役立てていただければと思います。

横浜プロバイダー「Hamakko」
横浜観光スポット、はじめて物語を横浜・濱っ子がご紹介!
「ぶらり横浜観光」
商用音源のダウンロードについて
著作権と商用音源の関係