第68回 旅籠本金子屋跡

江戸時代、身分の高い者が宿泊する本陣に対し、旅籠(はたご)は旅人や一般庶民も宿泊できる旅館のような施設です。
宿泊者が限定される本陣と違って、多くの人々が利用できるので、東海道の往来の増加に伴い、本陣よりも賑わいがあったそうです。
1842(天保13)年の記録によると、保土ヶ谷宿の旅籠屋は69軒もありました。


当時の旅籠本金子屋は、建坪79坪(約260u)で客室数は13とあります。
現在は1869(明治2)年に建てられた建物を、子孫のかたが大切に居住されています。
当時のままの格子戸や通用門に、長い歴史を感じさせられます。

取材場所詳細

場   所:旅籠本金子屋跡
住   所:横浜市保土ヶ谷区保土ヶ谷1 ★ 地図

バナー:オフショット 最新のオフショット
最新情報
2015.10.14 NEW
ぶらり横浜観光 第133回 大正活映撮影所跡を公開致しました。
2015.8.24
ぶらり横浜観光 第132回 神奈川公園を公開致しました。

ぶらり横浜第50回から、写真をアップで見れるようになりました!画像をクリックすると拡大画像が表示されます。閉じるときは再びクリックでOKです。

横浜はじめて物語モバイル版
横濱はじめて物語のモバイルサイトです。今後様々なコンテンツも追加予定です。
ご観光の際に役立てていただければと思います。

横浜プロバイダー「Hamakko」
横浜観光スポット、はじめて物語を横浜・濱っ子がご紹介!
「ぶらり横浜観光」
商用音源のダウンロードについて
著作権と商用音源の関係