第74回 象の鼻パーク

象の鼻パークは、1854年3月31日に、アメリカ合衆国のペリー提督が2度目の来日で初めて横浜に上陸した場所です。
今から約150年前、横浜が開港した時の波止場(はとば)でした。

横浜開港150周年を記念して整備されて、現在、市民の憩いの場となっています。

そもそも象の鼻というのは防波堤の形からきています。波止場で荷物を降ろす際に波の影響を避けるため、明治時代に東側の突堤を弓なりに延長しました。
この時から「象の鼻」と呼ばれるようになりました。

その後、2009年に再整備され、象の鼻パークとしてオープンしました。

象の鼻パークでは、一日に三回照明を変化させるのも特徴の一つです。
日没、午後8時、午後10時にそれぞれ電球色、薄紫、青色に変化します。
イベント時(クリスマス、バレンタイン、開港記念日等)には、さらに違った色にも変化します。

象の鼻パークでは他に
・横浜港を一望できる「開港の丘」
・象にまつわる「象の鼻テラス」
・イベントができる「開港波止場」
等の施設があります。

■濱っ娘のぶらり横浜観光 象の鼻パーク[Youtube動画]

取材場所詳細

場   所:象の鼻パーク
住   所:神奈川県横浜市中区海岸通1丁目 ★ 地図

バナー:オフショット 最新のオフショット
最新情報
2015.10.14 NEW
ぶらり横浜観光 第133回 大正活映撮影所跡を公開致しました。
2015.8.24
ぶらり横浜観光 第132回 神奈川公園を公開致しました。

ぶらり横浜第50回から、写真をアップで見れるようになりました!画像をクリックすると拡大画像が表示されます。閉じるときは再びクリックでOKです。

横浜はじめて物語モバイル版
横濱はじめて物語のモバイルサイトです。今後様々なコンテンツも追加予定です。
ご観光の際に役立てていただければと思います。

横浜プロバイダー「Hamakko」
横浜観光スポット、はじめて物語を横浜・濱っ子がご紹介!
「ぶらり横浜観光」
商用音源のダウンロードについて
著作権と商用音源の関係