第2回 「麒麟麦酒開源記念碑」
横浜開港後、ビールは外国人用向けにイギリスやドイツなどから輸入されていましたが、徐々に日本人愛飲家も増え始めたため、輸入量が急速に増加していきました。
そのため、国産のビールを製造することになり、1869年(明治2年)「ジャパン・ブルワリー」の支配人になる契約を結んだウィーガントが来日して、山手46番に日本で初めてのビール醸造所である「横浜ブルワリー」を創設しました。
その翌年、ビール醸造技師コープランドが山手の天沼(現在の中区千代崎町・諏訪町近辺)から湧き出る良質な硬水を発見して、ドイツ人技師ウィーガンドと共同で「スプリング・バレー・ブルワリー」というビール醸造所を創設しました。国産のビールは日本人に「天沼ビヤザケ」と呼ばれて親しまれていました。
1876年(明治9年)に2社は合併し、「バーバリアン・ビール」、「ラガー・ビール」などの商標でビールを売り出しました。
1907年(明治40年)日本人に譲渡され、「麒麟麦酒株式会社」と社名を変えましたが、関東大震災で天沼工場は倒壊してしまい、工場を鶴見(現在の生麦工場)に移転しました。 工場跡は、今は「キリン園」という公園になっており、「麒麟麦酒開源記念碑」が建っています。
そして隣接する横浜市立北方小学校の校庭には、当時のビール井戸が2つ残っています。

取材場所詳細

場所:麒麟麦酒開源記念碑
住所:神奈川県横浜市中区千代崎町1丁目  ★地図

バナー:オフショット 最新のオフショット
最新情報
2015.10.14 NEW
ぶらり横浜観光 第133回 大正活映撮影所跡を公開致しました。
2015.8.24
ぶらり横浜観光 第132回 神奈川公園を公開致しました。

ぶらり横浜第50回から、写真をアップで見れるようになりました!画像をクリックすると拡大画像が表示されます。閉じるときは再びクリックでOKです。

横浜はじめて物語モバイル版
横濱はじめて物語のモバイルサイトです。今後様々なコンテンツも追加予定です。
ご観光の際に役立てていただければと思います。

横浜プロバイダー「Hamakko」
横浜観光スポット、はじめて物語を横浜・濱っ子がご紹介!
「ぶらり横浜観光」
商用音源のダウンロードについて
著作権と商用音源の関係