第3回 「近代街路樹の地」

1867年(明治元年)、居留地の外国人からの要請で、吉田橋から本町通りにかけて馬車専用の道路が造られました。
(現在の馬車道)ところが当時の横浜は人口過密状態であったため、馬車の往来による危険防止のため歩道を造り、さらに街の景観的魅力の向上や緑化を意図して、街路樹を植え始めました。
(街路樹は、街道並木や参道並木等の、いわゆる地方並木とは違うものとされ、区別されています。) 当時は環境の変化にも強く、育てやすく景観的にも優れている松と柳が植えられました。
西洋化を目指していた馬車道沿いの各商店が、次々と自分の店舗前に植えたこともあり、馬車道の景観は一段と整備されていきました。
その後日本初のガス灯が馬車道に登場すると、街路樹とのコラボレーションの美しさは道行く人々の目を大いに楽しませてくれました。
1979年(昭和54年)横浜市が開港120周年記念事業の一つとして、馬車道通り沿いに「近代街路樹発祥之地」の碑を建てました。
現在は様々な樹種が選定されていき「アキニレ」が植えられていますが、復元されたガス灯との組み合わせは、当時を十分想い起こさせます。

取材場所詳細

場所:近代街路樹の地
住所:神奈川県横浜市中区尾上町五丁目 ★地図

バナー:オフショット 最新のオフショット
最新情報
2015.10.14 NEW
ぶらり横浜観光 第133回 大正活映撮影所跡を公開致しました。
2015.8.24
ぶらり横浜観光 第132回 神奈川公園を公開致しました。

ぶらり横浜第50回から、写真をアップで見れるようになりました!画像をクリックすると拡大画像が表示されます。閉じるときは再びクリックでOKです。

横浜はじめて物語モバイル版
横濱はじめて物語のモバイルサイトです。今後様々なコンテンツも追加予定です。
ご観光の際に役立てていただければと思います。

横浜プロバイダー「Hamakko」
横浜観光スポット、はじめて物語を横浜・濱っ子がご紹介!
「ぶらり横浜観光」
商用音源のダウンロードについて
著作権と商用音源の関係