第5回 アイスクリーム発祥の地を記念して建てられた「太陽の母子像」

町田房造(房蔵)は、馬車道通りの常盤町5丁目で氷水店を開業していました。
アメリカで酪農やアイスクリーム製造技術を学び明治元年に帰国した出島松蔵に指導
を受け、1869年(明治2年)7月、自店で日本で最初のアイスクリームを「あいすくりん」の名前で売り出しました。
しかし、1人前の値段はスプーン3〜4杯で2分(現在の8000円相当)と高価だったことや、日本人には馴染みがなかったことから、外国人が買う程度で、売れずにすぐに店じまいをすることもあったそうです。
翌年5月、伊勢山皇太神宮の大祭で販売したところ、当日の好天候にも恵まれて、冷たい「あいすくりん」
に人々が集まり、大変繁盛しました。
これがきっかけとなり、東京・銀座などに同業者が増え始めてアイスクリームが広まっていきました。

1976年日本アイスクリーム協会より、アイスクリーム発祥の地を記念して、馬車道の常盤町にさまざまなテーマで母子像を制作した本郷新の「太陽の母子像」が寄贈されました。
日本アイスクリーム協会が「アイスクリームの日」と定めた5月9日前後には、馬車道商店街ではアイスクリームに関連したさまざまなイベントが行われています。


取材場所詳細

場所:太陽の母子像
住所:横浜市中区太田町・馬車道 ★地図

バナー:オフショット 最新のオフショット
最新情報
2015.10.14 NEW
ぶらり横浜観光 第133回 大正活映撮影所跡を公開致しました。
2015.8.24
ぶらり横浜観光 第132回 神奈川公園を公開致しました。

ぶらり横浜第50回から、写真をアップで見れるようになりました!画像をクリックすると拡大画像が表示されます。閉じるときは再びクリックでOKです。

横浜はじめて物語モバイル版
横濱はじめて物語のモバイルサイトです。今後様々なコンテンツも追加予定です。
ご観光の際に役立てていただければと思います。

横浜プロバイダー「Hamakko」
横浜観光スポット、はじめて物語を横浜・濱っ子がご紹介!
「ぶらり横浜観光」
商用音源のダウンロードについて
著作権と商用音源の関係