神奈川県電気発祥の地| 横浜市中区 横浜はじめて物語 第17回

神奈川県電気発祥の地

この神奈川県電気発祥の地の碑は、横浜市中区常盤町1-6に建っています。
1890年(明治23年)に横浜共同電灯という会社がこの地で、石炭火力発電で送電を開始しました。
最初は、外国人居留地を中心に700軒ほどでしたが、1920年(大正9年)には、横浜市内約48万軒までに増えました。
翌年1921年(大正10年)には、東京電力の前身である東京電灯と合併しました。

エジソン式直流発電機のレリーフ

神奈川県電気発祥の地の碑には、エジソン式直流発電機のレリーフが埋め込まれています。
この発電所からの電気が、それまでの蒸気やガスといったエネルギーに代わって横浜の工業都市化の発展に大きく貢献することになります。
現在は、東京電力の関内変電所となっています。

取材場所詳細
場 所:
神奈川県電気発祥の地
住 所:
横浜市中区常盤町1-6
地図
バナー:オフショット 最新のオフショット
最新情報
2015.10.14 NEW
ぶらり横浜観光 第133回 大正活映撮影所跡を公開致しました。
2015.8.24
ぶらり横浜観光 第132回 神奈川公園を公開致しました。

ぶらり横浜第50回から、写真をアップで見れるようになりました!画像をクリックすると拡大画像が表示されます。閉じるときは再びクリックでOKです。

横浜はじめて物語モバイル版
横濱はじめて物語のモバイルサイトです。今後様々なコンテンツも追加予定です。
ご観光の際に役立てていただければと思います。

横浜プロバイダー「Hamakko」
横浜観光スポット、はじめて物語を横浜・濱っ子がご紹介!
「ぶらり横浜観光」
商用音源のダウンロードについて
著作権と商用音源の関係